ページ上へ

闇スロの違法性について

言うまでもなく、闇スロはあらゆる面で違法な存在です。
スロット台を置いて客に遊戯させることができるお店の営業許可も取っていませんし、その場で換金をすることも賭博開帳図利罪に抵触します。

要するに客に賭け事をする場所や機会を提供し、それによって利益を得ようとしたことが罪に当たるのです。
「闇」という名前からも想像がつきやすいので、お店がアウトローな存在であることは大抵の人が認識しています。
しかし、警察の手入れがあれば捕まるのはお店側だけではありません。

客も問答無用で賭博罪に

賭博の象徴でもある麻雀

闇スロでの遊戯中に警察のガサが入れば、客側も賭博罪で問答無用で逮捕されます。
賭博罪には今でも曖昧な部分が多いです。一般的な賭け事として有名な麻雀で言えば、雀荘は街中にいくつもあり、そこではレートの差こそあれ、「賭け」が常態的に行われています。

しかし雀荘が賭博罪で摘発された、なんて話はなかなか聞きません。これはなぜなのかと言うと、「警察が意図的に見逃しているから」です。
そんなことが許されるのか!と驚く方も多いかもしれませんが、これが事実です。

賭博罪に限らず多くの犯罪に対する捜査や起訴について、警察や検察へかなりの裁量が与えられているのです。
つまり、これら捜査機関の期限や方針次第、ということになります。その上で雀荘での賭けは黙認されています。
ただし、麻雀でも1000点200円を超えるような高レートになってくると、摘発の対象になると言われています。しかし、もちろんこの基準も明記されているものではなく、あくまで噂の範囲内に留まります。

1,000点100円のフリー雀荘は街中に普通にありますが、ここでも現金のやりとりをあからさまにしないよう、お金をプレートやチップに交換しているところが多いですね。これも万が一の摘発や指導に備えてのものです。

さて話を戻しますが、闇スロに関しては完全にアウトです。見つかれば即摘発となります。スロットのレートがいくら、とかはまったく関係なく持っていかれるでしょう。
警察にとって闇スロは完全撲滅するべき対象ですので、一切猶予は与えてくれないはずです。

捕まるとどうなる?

頭を抱える男性

賭博罪で摘発されると、まず最寄りの警察署に拘留されることとなります。
その間外部との連絡は取れなくなるため、すぐに周りの人は異常を察知するでしょう。まず隠しとおすことは難しいと考えた方がよいです。

会社員であれば摘発の事実が会社に発覚した時点で解雇は免れないでしょう。
家族がいれば迷惑をかけることにもなりますし、社会的なダメージを少なからず被ることになるでしょう。
初犯の場合はほとんどの場合、1日もしないうちに調書を取って釈放となります。略式起訴という形で有罪となり、10万円程度の罰金となります。
うまくごまかせば周りに発覚せずに済むこともありますし、思ったよりも軽く感じるかもしれません。

しかし、略式起訴によって簡略化されているとは言え、有罪は有罪であり「前科」がつくこととなります。
仮にその後も闇スロに通い続け、再度摘発されるようなことがあれば、その時は1日の拘留では済まないでしょうし、常習賭博として執行猶予付きの懲役刑となる可能性もあります。

前科がついたとしても、通常の社会生活をしていく上で不自由を感じるような場面は滅多にありませんが、もし自分の子供が警察官になりたい!という場合、父親の過去の犯罪歴が問題視される可能性などがあります。
いずれにせよ、一時の興味や冒険心に任せて闇スロに行くことは、想像以上に大きなリスクを孕んだ行為なのだ、ということだけは間違いないでしょう。

幸い自分は捕まるようなことはなく足を洗うことができましたが、通っていた店に摘発が入ったということはありました。たまたまその日は行ってなかったので回避できましたが、紙一重です。スロットの勝負以前にもっと危険な賭けをしているということに気付かないとですね…