ページ上へ

闇スロよりも勝てるのか

多くの一万円札

すでに検定切れでホールから撤去された4号機・5号機を打ちたい方や、1メダル20円よりも高いレートで勝負したい!という方は、オンラインパチスロか闇スロ(違法)に行くしかありません。
闇スロは4号機が撤去されたタイミングで一気に増え、いまもなお夜の繁華街で密かに存在し続けています。
そこで気になるのがオンラインパチスロと闇スロはどっちが勝ちやすいのか。

答えはシンプルにオンラインパチスロの圧勝です。大半の闇スロは遠隔・裏ロムなんでもありで、勝てるかどうかは店のさじ加減次第です。全盛期ほどの勢いを失った以上、気前良く客に還元してくれるとは考えにくいです。
また、闇スロでの遊戯は完全な違法行為となるため、摘発されるという大きなリスクがあります。そこまでのリスクを負う価値もありませんので、絶対に手を出さないようにしてください。

闇スロ オンラインパチスロ
運営者 反社会勢力など 主に海外法人
違法性 完全にアウト グレーゾーン(摘発リスク低)
評判 利用者同士の情報交換のみ 掲示板やSNSで調査可能
レート 20~100円以上/1メダル 1~100円/1メダル
交換レート 最大で等価 交換率30~90%
換金手順 その場で現金へ交換可能 面倒で時間がかかる
サクラ 有り 無し
運営方針 特定客から搾取 薄利多売
機種 実機多数 実機を再現したオリジナルゲーム
ラインナップ 爆裂機を中心に10機種以上 日本のパチスロ系機種は数機種程度
遠隔操作 リスク大 リスク小
裏ロム あり なし
個人情報 悪用リスクあり 適切に管理

ご覧になれば分かる通り、総合的に見てオンラインパチスロの方が優れていることは明白です。

勝率の比較

それぞれ店舗や機種によって大きく変わってきますが、闇スロの場合は勝率が限りなくゼロに近くなるような悪質店が存在します。
爆裂機出しているように見える客がいたとしても、それはサクラの可能性も充分あります。
遠隔操作や絶対に当たらない不正改造機を導入するなど、新規客や特定の紹介客以外は絶対に勝てない仕様になっていることが多々あります。

それに対してオンラインパチスロは、単純なスロットの勝敗だけで見れば現行のホールよりも勝ちやすいでしょう。4号機当時さながらの甘いスペックの機種が打てる上に、ライバルも少なく高設定が狙いやすいからです。
まだまだ伸び盛りな業界であるが故に、集客を目的として還元を最優先にした運営をしている優良サイトが多数あります。

私もいまのところオンラインパチスロでは勝ってます!Aタイプでまったり遊べる印象ですね。
攻略要素の違い

高設定台を掴む
正しい打ち方をする(小役を取りこぼさない、リプレイはずしなど)
やめ時や狙い台を見極める(機種ごとの有利なゾーンやゲーム性を理解)

上記はホールに限らずパチスロを打つ際に必要とされる攻略要素です。
しかし闇スロでは、まず高設定に期待ができません。それどころか、設定1以下まで割が削られている可能性すらあります。いくらその他の攻略要素を完璧にこなしたとしても、その状況で安定して勝つことは難しいでしょう。

当時は本気で勝とうと思って毎回行ってましたけど、今思えば正気の沙汰ではないですね。遠隔や裏ロムにも薄々気付いてはいましたが、現実を認めたくない気持ちからか、気付かないフリをしていたのかもれません…

それに対してオンラインパチスロの場合、スロット自体での勝ちは拾いやすく、挙動の良い台だけを打つことだけ心掛ければ安定します。
ただし、そのメダルを現金に交換する際の手数料が高い(10%前後)や、手間がかかることが大きな障害となっています。
換金コストだけが唯一のデメリットですが、そこを踏まえても闇スロよりは圧倒的に有利だと言えます。
今後はコストと利便性の双方で改善されていくことが期待されています。

市場規模の推移

スロットを選ぶ人たち

4号機時代の初期は街中にある普通のホールにも、当たり前のように不正改造された裏モノが置かれていました。(これはおそらく黙認されていました)現在はそういった不正に対する取り締まりが強化され、裏モノが打てる正規のホールはほぼありません。
それに加えて4号機から5号機への移行に伴い、単純にスロットの出玉性能は大幅に落ちたのです。このタイミングで「闇スロ」が流行り始めたのです。
営業許可を得ずに雑居ビルの一室などで営業する闇スロは、正規ホールで打てなくなった4号機のスロットが打てるということもあり、瞬く間に広まっていきました。

しかし、完全な違法営業であるため、これに対する取り締まりは当初から厳しく行われてきました。取り締まりの激化や、スロット人口自体の減少により、闇スロ業界も衰退し続けています。
それに対してオンラインパチスロの歴史は浅く、本格的に国内で普及し始めたのは2019年頃からです。
2020年はコロナ禍の影響で世間からの注目度・認知度を大きく高め、市場規模を急拡大させました。 現在はシェア拡大のために、設定を甘くしているところが圧倒的多数です。
魅力的なキャンペーンも豊富ですので、今から始めるならオンラインパチスロしかないでしょう。