ページ上へ

オンラインパチスロを選ぶメリット

歓喜する人たち

オンラインパチスロは、かつての4号機時代のギャンブル性に加えて、手軽かつ安全に遊べる、という点から人気を高めています。
特に2020年はコロナ禍の影響でオンラインパチスロの需要が大幅に高まりました。
しかし、まだまだ発展途上のコンテンツで、各サイト集客には苦労している状況です。しかしだからこそ、大手を中心に高設定を入れるなど甘い状況が続いています。
実際にオンラインパチスロが通常のスロットに比べてどこが優れているのか、そのメリットを見ていきたいと思います。

メリット①24時間営業

オンラインパチスロには基本的に営業時間という概念がなく、24時間いつでも遊べます。
深夜や早朝などでも時間帯を問わず遊べることに加え、閉店時間の都合でボーナスが取り切れずに終わってしまうようなリスクもありません。
ちなみにオンラインパチスロは一定の時間ごとに設定変更を行っており、高設定台を延々と打ち続けることは原則できません。

メリット②6号機規制がない

パチスロ業界は5号機時代もいよいよ終わり、6号機が主流になりつつあります。
一撃の出玉は2,400枚まで、というリミットがある6号機では大勝ちは見込みにくく、夢がありません。
オンラインパチスロにはそういった制約がないので、高設定がつかめれば短時間での大勝ちも可能です。

メリット③ライバルが少ない

オンラインパチスロは、いまのところまだまだマイナーな存在であり、遊戯人口が少ないです。それ故に運営は新規ユーザーの獲得に力を入れています。
つまり、設定はそこそこ入っているにも関わらず、それを狙うライバルは少なく、おいしい台を確保しやすい状況なのです。
好きな機種を自分のペースで納得のいくまで遊ぶもよし、ひたすら高設定台だけを探し続けて慎重に立ち回るもよし、とにかく動きやすいところもオンラインパチスロの今ならではのメリットです。

メリット④設定が甘い

オンラインパチスロは以下の理由により、全体的に設定が甘い状況にあります。

発展途上のため集客を目的に設定を甘くしている
人件費、光熱費が店舗型のホールより圧倒的に安い
遊戯台の導入費用が安い

なによりも運営コストの安さが、還元率を高められる大きな要因です。
現在は新規ユーザーを獲得するプロモーション活動に力を入れているサイトも多く、どこも設定が甘めです。当然負けて気分悪くされるよりは、勝ってまた遊びに来てもらう方が運営としても望ましいことです。多少の出費はやむなし、ということなのかもしれません。

メリット⑤魅力的なキャンペーン

勝ちに直結するキャンペーンを多数行っているところも、オンラインパチスロならではの特徴でありメリットです。
具体的には新規会員登録特典として設定6チケットをプレゼント、など高設定が確約された台を打つことができるような特典が挙げられます。
ほかにも損失を出した際にそれを埋めるようなキャッシュバックの付与、ポイントプレゼントなどもあります。
現在のホールでは実現不能な、非常に魅力的な特典だらけです!

たしかに新規特典とかたくさんあります!設定6が打てたり、負け分補填してくれたりと。ただ、受け取りに条件が付いてる場合がほとんどなんで、特典だけもらって勝ち逃げー、とかは難しそうです。

メリット⑥外出する手間がかからない

外出する手間がない、というのは時間的な面の他に交通費を節約できる費用的メリットもあります。

多忙でなかなかホールに足を運ぶ時間がない方
近隣に設定を入れているホールがない方

などには特におすすめです。
最近のパチンコ・パチスロ業界は出す店と出さない店の二極化が以前にも増して激しくなっています。勝ちに徹するなら多少遠出をしてでも優良店に足を運び、たくさんのライバルがいる中で目当ての台を勝ち取る必要があります。
オンラインパチスロはそういったコストやストレスとは無縁です。

メリット⑦ながらプレイができる

ネット環境さえあれば場所を選ばないオンラインパチスロは、台を常に向き合わなくても遊ぶことができます。
具体的には、オートプレイ機能を使うことで放置したままでも消化可能なので、その間に他のことをすることもできます。
スロットをしていると、ふとした時(特に負けてるとき)に、「俺なにやってるんだろう」と妙に冷静になってしまう瞬間があるものですが、オンラインパチスロなら適度な距離感で遊ぶことができるかもしれませんね。

これはかなりありがたい機能ですね!Aタイプを打つならともかく、ストック機やAT機の通常時なんてなにも面白くないですからね。オートで回せるのは楽だし助かります。

メリット⑧ストレスがない

パチスロをホールで打つ時に生まれるストレスとは以下のようなもの。

手が汚れる
隣の客の挙動
騒音
座席の窮屈感

オンラインパチスロはスマホやパソコンの画面上で遊戯するので、メダルで手が汚れることもなく、周りの客によるストレスが一切ありません。
リビングのソファーや散歩しながらなど、自由な環境でプレイできます。
隣に不潔な人が座ってたり、やたらと気になる動きをしながら打つような人がいたりするとそれだけでテンションが落ちますよね。オンラインパチスロにはそのような心配は無用です。

メリット⑨感染リスクがない

コロナ禍の中で需要が急増したオンラインパチスロ。その理由は感染症等のリスクがない、という点も大きいでしょう。
コロナウイルスに限らず、密閉された空間に多くの人がいる以上、そういったリスクがホールにはやはりあります。余計なことを考えずに遊べるのも、オンラインパチスロの魅力の一つでしょう。

メリット⑩今後の成長への期待

オンラインパチスロ業界は、現状ではまだ遊べる機種が少ないなど、発展途上な一面を持っていますが、捉え方を変えれば伸び代が多いことを意味します。
ホールでは6号機を中心に頻繁な新台入替が行われ、役物・液晶画面を使った演出の派手さだけは進化を続けています。
しかし、そういった余計な演出だけでパチスロの魅力をアピールし続けるには限界がありますし、結局のところ高騰する機械代の回収をするための皺寄せは客に回ってきます。
オンラインパチスロは今後続々と打てる機種が増えていく見込みです。
機種のラインナップ、アプリ等のクオリティ、ユーザー数、利便性など幅広い面で成長していく見込みですので、今後に期待しましょう。

リピーターの多さが実力の証

スマホをいじる複数の男女

オンラインパチスロは2020年に大きくシェアを伸ばしました。
転機になったのは社会全体の環境が変わったことですが、いずれにしても時間の問題だったでしょう。
オンラインパチスロに対して始めはネガティブな印象を持っている人も、いざ始めてみると

「ホールのパチスロより勝ちやすい」
「5号機や6号機より4号機の方が圧倒的に面白い」
「実機を忠実に再現している」

といったように満足するケースが多いようです。
紹介した10個のメリットを始めとして、オンラインパチスロは多くの魅力を持っています。
一時的なブームではなく今後も着実に市場規模を拡大させていくでしょう。