ページ上へ

闇スロで勝つのは難しい。その理由とは

闇スロで勝てずうなだれる男性

闇スロに通う人がいまだに多くいるのにはいくつかの理由があるかと思います。

いまでは通常のホールで打てなくなった懐かしの機種が打てるから
普通のスロットよりも大勝ちが見込めるから

といったところが主な理由でしょう。

しかし懐かしの機種を打ちたいだけなら、その欲求を満たしてくれる場所は闇スロ以外にもあります。
ゲームセンターやスロットを置いているダーツバーなどもありますね。

結局のところ、闇スロの客はいまのスロットよりも爆裂性が高い機種が打てて、しかもそれを換金できる、というところに惹かれているのです。

たしかに闇スロにある機種には爆発力があります。
しかし、だからといってそれが勝ちやすさにつながるとは言えません。
ここでは、闇スロで勝つことが難しいと断言できる、その根拠を解説いたします。

爆発力がある、機械割が高い、といったものは高設定を打って初めて恩恵となる要素です。低設定しか基本的に置かれていない闇スロにおいては、いつまでたっても爆発しないですし、低設定域での機械割はむしろ現行のスロットよりも低いので変な期待をしないように!

遠隔や裏ロム

遠隔操作の機材イメージ

闇スロの台は基本的に遠隔操作ができるようになっています。店側がいつ出すかも含め、台の挙動を操作できるような細工がされている、ということです。

爆裂性が高い台を置いているため、間違って出すぎたりすると大きな損害となります。そのようなリスクを回避するため、というのが理由の一つです。

もう一つの理由としては、新規客をリピートさせるためです。

闇スロに初めて来た客はわざと少し勝たせて、次の来店につなげるのです。
おわかりのように2回目以降はこういった計らいはなくなるため、きっちり回収されることになります。

負けすぎている客に少し取り返させたり、少しでも長く店に通ってもらうための調整を遠隔操作によって行っています。
遠隔と似たようなもので、裏ロムが仕込まれた台を置いているケースも多く見られます。
台の挙動を制御する基盤を入れ替え(これももちろん違法)、本来よりも当たりにくくしたりしています。
ひどいケースでは、そもそも当たりの抽選をしないようなロムが仕込まれていることもあるのです。

このように遠隔操作と裏ロムを駆使し、出玉は店側が好きなようにコントロールできるようになっています。このような状況下で勝ち続けることが可能だと思いますか?

初めて行く店だとやたら当たりが軽い、勝ちやすい、といった感覚はあながち気のせいではないかもしれません。勝つにしても負けるにしても遠隔操作によって仕組まれていた可能性は充分あります。思い当たる節がありすぎます…

設定が入っていない

低設定による下降グラフ

基本的にどの台も低設定です。
いくら4号機は機械割が高かった、と言ってもそれは高設定に限った話です。
低設定同士ならばむしろ現在の5号機・6号機以上にキツい台は多かったですし、そういった台こそが闇スロには多くありました。

店が高設定を入れない理由は以下の通り

高設定を入れると出過ぎるから
高設定を入れなくても客がくるから
手っ取り早く客から金を巻き上げるため

設定を入れなくても勝手に客が集まるというのがやはり大きいでしょう。
自ら好んで負けに来る人があまりにも多いので、店としては笑いが止まらないのではないでしょうか。

来店ポイントを貯めて設定6

「来店ポイントを貯めて設定6」などといったイベントを打って来客を煽る店も多くありました。
設定6を打つために、普段は低設定しかないのをわかりながらみんな打ちにきます。
そこから先のシナリオはだいたいこうです。

来店ポイントで設定6を打てるのは1日1人までで、予約制
予約はいまいっぱいで最短で打てるのが〇ヶ月後

こういった理由を付けてできるだけ先延ばしにしてきます。
そして、実際にその日が来る前に店は予告もなくある日突然閉店します。

閉店の看板

警察の摘発を逃れるために、闇スロは短期間で営業する箱(雑居ビルの1室)を転々とするため、それを知らずにいるとポイントを反故にされます。

稀に運よく設定6が打てることもあるようですが、すでにご存知の通り遠隔操作と裏ロムにより、鳴かず飛ばずで終わるパターンがほとんどです。
ほとんど詐欺とも思えるようなひどい仕打ちですが、そもそも相手は最初からアウトロー。そんな相手に文句を言ったところで仕方がありません。
騙された自分が馬鹿だったと諦めるしかないのです。

闇スロに通って遊んでいる時点で立派な犯罪者ですからね。もちろん警察に泣き付くこともできませんし、そこで何が起きようが自己責任となります。とはいえ、ポイントを貯めて打った初代猪木の6(表示上)で鳴かず飛ばずのまま負けたときはキツかった…

いかがでしたか?闇スロでは勝てない、という根拠や搾取の手口をご紹介してきました。
最終的に勝ち抜けることはほぼ不可能であることに加え、警察に捕まるリスクもあります。

反社会勢力が経営する店は、客のことをただのカモとしか思っていません。
それでもあなたは闇スロに行きますか?