ページ上へ

北斗の拳(初代)

北斗の拳(初代)の機種画像
発売 メーカー タイプ 天井
2003年10月 サミー バトルタイプAT機 1999G
機械割 BIG確率 REG確率 AT確率
設定1 96.5% - - 1/389.1
設定2 99.4% - - 1/365.3
設定3 102.3% - - 1/343.5
設定4 105.9% - - 1/320.8
設定5 111.0% - - 1/291.7
設定6 119.7% - - 1/251.7

4号機スロットの初代・北斗の拳は約62万台を販売して社会現象を巻き起こした大人気機種です。4号機時代の後期、2003年にサミーから発売されました。
10Gのベルナビ付き小役ゲームとJACゲームを繰り返すBB(バトルボーナス)が特徴で、これまでにない斬新なシステムと多彩な演出が、原作を読んだことのないスロットファンまで虜にしました。このブームの時に大学生や社会人だった人は、北斗の拳の話題で持ちきりだったことを覚えているのではないでしょうか?
その後、スロット北斗の拳シリーズは続々と後継機をリリースしていますが、初代ほどのインパクトと話題性を集めた機種は残念ながらありません。
なぜ北斗の拳は歴代最高のヒット機種になったのか?そして未だに闇スロでも必ずといっていいほど見かけるように、人気の衰えない要因を深く掘り下げてみました。

ボーナス

北斗の拳で出玉を伸ばすには赤7か北斗図柄を揃えてBBへ突入させるしかありません。
北斗の拳のボーナス確率は以下の通りです。

※スマートフォンの方は右にスクロールしてください。

設定1 設定2 設定3 設定4 設定5 設定6
BB確率 1/389.1 1/365.3 1/343.5 1/320.8 1/291.7 1/251.7
機械割 96.5% 99.4% 102.3% 105.9% 111.0% 119.7%

ボーナスの初当たりの軽さが、高設定を見極める一つのポイントになります。設定6の機械割は4号機の中でこそ平凡な数字ですが、継続率が高いBBから連チャンさせれば万枚も可能です。
万枚を達成させる難易度は同時期にヒットしていた吉宗など他の爆裂機には劣りますが、比較的簡単に2,000~5,000枚を出せるバランスの良さがスロット初心者を取り込んでいきました。

この台はほんとよく打ちましたねー。出たてのころは設定6でも負けることがあるなんてありえねえ!なんて言われて酷評されていましたが、最終的にはみんなこればっかり打っていたような気がします。短時間勝負なら、設定関係なく打てるところもよいですよね。

BBの継続率

※スマートフォンの方は右にスクロールしてください。

通常のBB 66%継続 79%継続 84%継続 88%継続
赤7揃い 58.94% 37.94% 1.95% 1.17%
北斗揃い 0.05% 0.05% 91.96% 37.94%

上記の通り、継続率は4パターンあり、北斗図柄揃いはそれが優遇されます。ちなみに継続率の決定は赤7もしくは北斗図柄を揃えた瞬間(第3停止を離した時)です。

小役確率

※スマートフォンの方は右にスクロールしてください。

設定1 設定2 設定3 設定4 設定5 設定6
リプレイ 1/7.3
ベル 1/11
純ハズレ 1/66,536
チェリー 1/87.1 1/84.3 1/80.7 1/77.1 1/77.1 1/72.8
スイカ 1/119.1 1/114.9 1/110.1 1/103.2 1/100 1/100

チェリーとスイカに若干ながら設定差があり、いずれも小役成立がモード移行とBB突入の重要な役割を担っています。また、チェリーとスイカはそれぞれ弱と強に分けられ、チェリーは中段停止だと強チェリー(2チェ)になります。
純ハズレは滅多にあるものではないですが、成立時にはボーナス図柄揃いを経由せず突然バトルボーナスのJACに突入します。(ほとんどが単発)

ゲームフロー(モード)

スロットマシンの画像

北斗の拳には以下のモードがあります。

低確モード
通常モード
高確モード
前兆モード
即放出モード

モード移行は小役が契機になり、ボーナスが確約された前兆モードは最大32Gあります。
基本的に低確・通常・高確による3つのモードを移行しながら、前兆か即放出を目指す流れです。
小役成立時におけるモード移行先に設定差はなく、高設定は小役が成立しやすい理由でBBへ当選しやすくなる仕組み。BB終了後のモードは設定差があります。
BB終了後とリセット時のモード移行先は以下の振り分けです。

※スマートフォンの方は右にスクロールしてください。

設定1 設定2 設定3 設定4 設定5 設定6
低確 58.5% 56.0% 48.7% 43.8% 38.9% 29.2%
通常 17.1% 19.5% 21.9% 24.4% 24.4% 24.4%
高確 24.4% 24.4% 29.3% 31.7% 36.6% 46.4%

液晶の演出で、リプレイ時に大オーラだと少なくともその時点での高確が確定する、というものがあったのですが、その数ゲーム後の中段チェリーでBB当たらなかったことあります。そう、その演出が出たときのリプレイで高確から転落してたんですね。

天井

天井は1,999G+前兆最大32Gで、天井恩恵はBB突入です。
天井によるBB継続率および北斗揃い確率は通常時の前兆もしくは即当たりと共通です。天正直なところ、天井狙いは、期待収支的にも割に合わないレベルのものです。
井狙いであれば1,500G以上ハマっている台があれば取る、くらいに留めておいた方がよいかもしれません。

多彩な演出

北斗の拳が大ヒットしたのは斬新なシステムのほか、多彩な演出が大きく関係しています。設定だけではなく、前兆やBBの継続率など、液晶の演出で様々な示唆をします。最近のスロットでは当たり前のことばかりですが、北斗の拳はその先駆け的な存在と言えるかもしれません。
演出・示唆情報の一例をご覧ください。

低確、通常時でも2チェを引けば25%でBB
BB中ラオウがパンチしたら継続期待度90%
BBでケンシロウが攻撃したら継続確定
同行するキャラによって演出と期待度が変わる
ステージによるモード示唆
ジャギとのバトルは熱い、アミバなら確定
BB突入時のオーラで継続率を示唆
エイリやんなど多彩なプレミアム演出
BB20連以上でラオウ昇天のエンディング確定